黄リン - Chemist Eyes

黄リン

おうりん

yellow phosphorus

黄リンはリンの同素体(allotrope)として教科書などでも紹介されることが多いですが,実際は黄リンを精製すると白色の白リン(white phosphorus)が得られることから,黄リンは厳密には不純物を含む白リンであって,混合物であることが分かります。同素体は定義上,単体であることが求められ,単体は純物質でなくてはいけないため,この考えに基づくと黄リンはリンの同素体ではないということになります。ただし,この事実を知ったうえで,習慣として黄リンをリンの同素体の一つであると述べることは問題ないでしょう。 ⇒ リン

最終更新日 2022/10/21